2016年08月14日

熊本を旅して震災について思う


この時期に久しぶりにブログを更新するというのに、
別にコミケという一大行事もオリンピックも関係なく、
夏も何も感じさせないものということを、最初に詫びておく。

一か月前、九州に旅行に行ってきた。
様々な事情が重なって(自ら重ねて)、
福岡、熊本、鹿児島と縦断したのだけど、
一番の目的は熊本、そう、今年の四月に震災が起きた、
熊本への復興支援というのが一番の目的だった。

91.jpg

時間的にも金銭的にも決して余裕のある身ではないけど、
ちょうど九州ふっこう割が発表されたことも手伝ってね、
LCCと組み合わせることで移動宿泊費は超格安で抑え、
その分地元に少しでも小銭を落としていこうという算段だ。

でも、そもそもなぜ急に「旅して応援!」とか言い出したのか、
俺に対してそういうことに熱心という印象もないだろう。
俺自身も、意外な思いだったよ。
まさか、五年前のことをここまで引きずるとはね。

五年前、東日本大震災の最中、俺はどういうめぐり合わせか、
東電のカスタマーセンターで働いていた。
よりによって、あの東電。派遣だけどね。
派遣とは言え、電話口で名乗る名前は東電、
電話相手からしたら、悪の一味だよ。

大げさでも何でもなく、そういう扱いだったからね。
全員が全員とは言わないけど、社会からのヘイトを一身に浴びていた。
今となっては、責められても仕方ないと思うけど、
当時は随分理不尽に思ったし、病みもしたよ。
罵詈雑言のオンパレードに、日々変わっていく状況、etc。

中にいると不思議なもので、自己防衛、肯定が働くのか、
東電の正義自体は疑っていなかった。
だから、クレーマーを随分憎らしく思っていたよ。
クレーマーという言葉をどう定義するかも難しい、と言うか、
正当な怒りをも、クレーマー扱いしていたように思う。

その一つにね、どうしても忘れられないものがあって。

都内一部の地区で順番に停電を実施する、輪番停電、
その地区に選ばれた方からの入電だった。
自宅で治療中の人がいるのに停電したら医療機器が止まる
とのこと。その訴えを、俺はどう感じたかな。
決まりだから仕方ないと、自分勝手なことを言うなと、
そういうことを、少なからず感じていたよ。

近くの医療施設のこととか、バッテリーのこととか、
多分何かをどうすることはできたと思うし、
最終的にはできたのだと思う。
でも、俺はね、「死ねというの!?」という、
あの訴えをただのクレーマーだと感じた自分のことが、
今でも思い出す度に許せなくて。

だから、あの震災において、俺も東京で暫く不便な思いをした、
被災者だと言いたいところだけど、いいや、
俺は加害者だと、人を傷つけた一味だと、感じ続けていた。

そこで、冒頭の熊本を旅して応援したいという行為に繋がる。
ストレートに繋がっていないのは自覚するところだけど、
少しでも罪滅ぼしをしたかったし、そうして行動することで、
自分の心が慰めを得るのではないかという期待もあった。

しかし、実際旅してみて、俺は正直驚いたよ。
七月中旬の時点で、被災地はまだまだ被災中だった。

傲慢な話だけどさ、東京はやっぱり情報の中心地で、
そこでの報道が減ったから、事態も収束したかと思っていた。
もう観光を満喫できる、それが支援に繋がると、
恥ずかしながら、どこか楽観視していたよ。

実際は、熊本城には近づけず、崩れた石垣は痛々しいまま、
それだけでなく、市街地の至る所に亀裂が残っていた。
阿蘇の方も観光できたらと思っていたけど、
そちらはまさに震源地付近、道路は一本を残して全て閉鎖、
鉄道も再開の見込みが立たない状況だった。

完全に、ナメていたよね。
でも同時に、だからこそ無意味ではなかった。

旅行者の出で立ちで、平日だったこともあり、
旅先ではよく地元の人と話ができたのだけど、
本当に歓迎して、親切にしてくれた。
それが、単純に嬉しかったよ。
俺個人ができることは余りにも少ないけど、ゼロではない。
行動は確かに、プラスの結果をもたらすことができた。

もし、被災地のことをシビアに捉えすぎていたら、
行くこと自体に二の足を踏んでいたかも知れない。
でも、こうしてある意味バカ正直に行動したことで、
現実を知ると同時に、その現実に貢献することができた、
与えられた場にこもって、精神的に逃げて終わってしまった、
五年前とは違う結果だ。ここから学ぶことは多い。

折しも最近、行方不明だった男性の遺体が発見された。
死という現実は、疑いようもなくついて回る。
そういう重い話も、聞かせていただいた。
でも、その現実に哀悼の意を示すことと、
明るく観光して回ることは、決して矛盾しない。

それを、地元の人達は歓迎という形で証明してくれた。

熊本は震災の後、集中豪雨にも見舞われ、
要の農業もダメージを受けていると聞いた。
方々に、それぞれが、少しづつ、
それでもいいから、お金を落としていくことは、
かなり大事なことなのではないかな。
実際、返す返す俺も別に大したことはしていない、できない、
それでも、ゼロではないという実感を得られたから、
その思いを共有したくて書いている。

よくこういうことがある度に、そこらのクリエイターは、
「自分には書くことしかできないけど」とか言うけど、
いいや、書くこと以外もできるよ。
募金箱に十円入れるだけでも、それはできることだから、
俺は決して、しかできないと、簡単には言いたくない。
しかできないと、かつては思っていたからこそね。

そして、俺も表現する手段を少なからず持っている身。
観光客としての貢献だけに、終わらせるつもりはない。
俺は結構欲張りだからね。今回の九州旅行に際しても、
実のところ福岡には姪に会いに行きたくて、
鹿児島には中二病の聖地巡礼がしたくて、
というように、色々なものをアドオンしている。
熊本に対しても、もう一つ二つは、
欲張って役に立ってみようと考えているよ。

月並みな言葉だけど、本当にいいところだったからね。
楽しかった。だから、単純に貴方にもオススメするし、
俺自身も、まだまだ積極的に接していこうと思うよ。

12.jpg

posted by サコタヤスユキ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月22日

“サークルクラッシュ!”単行本第2巻発売に寄せて


祝!“サークルクラッシュ!”単行本第2巻
4月23日発売!!


cc2バナ.jpg

☆単行本特設サイト
http://store.ganma.jp/comics/ccrash/

気付けばもう明日だね!直前の更新にも程がある。

やっぱりね、1巻の時と同様に、難しい気持ちだよ。
どう言ったらいいか分からない。
期待と不安が行ったり来たり、緊張は常にあって、
しっかり自分を保たないとネガに落ちてしまいそうな、
危うさ、大きな出来事に臨む難しさを、多分に感じている。

でも、腹の奥の芯は、ブレていないつもりだよ。
俺の根っこには、感謝の気持ちが育ちまくっているからね。

明るく前向きに、でもキッチリ目を光らせて、
作品を前進させてくれる担当氏。
俺よりも遙かに大変な単行本作業を、
毎週の連載と平行して頑張りきったこすずめ先生、
そして、twitterのfavが誰よりも早い編集長……
違う、取り上げるところはそこじゃない。
でも、そうやってしっかり見てくれていることが、
大きな励みになっているのは間違いないよね。

発行元であるKADOKAWAメディアファクトリーさんも、
まず出していただくことそのものに対してもそうだし、
写植などの細かい伝わり易さにさらに磨きがかかっていて、
本当にいい仕事をしていただいた。

そして何より、いつも応援いただいている読者の皆様。
その存在がなかったらね、やる意味は絶無だから。
力をもらっています。何度でも、ありがとうと言いたいよ。

こうしてね、方々から俺はパワーをもらっているから、
結局大丈夫。絶対に、前進する。
ただ、その過程ですごく迷ったり怯えたりするのも、俺だ。
なかなか格好がつかないけど、そこは認めたいと思うよ。

1巻の発売が決まった時に、生意気にも俺は、
自分達も活躍することで、さらにバトンを繋いでいきたい
というようなことを言った。
その後、GANMA!はより勢い盛んになっているが、
そこに果たしてどれだけ寄与できているか考えると、
実際のところまだまだ、まだまだ力が足りないと思う。

1巻の時は、タイミングよく色々なイベントも重なって、
俺もどこかあつらえられた場に乗るだけと言うか、
熱に浮かされていたところがあった。
自分に対してどこまでシビアだったか、疑問が残るよ。

あまりね、反省を口に出すのも良し悪しだとは思う。
自己肯定感の低さを露呈してしまうと、
関わっている人が悲しむということもあるから。
でも、どうか勘違いしないで欲しい。
俺は十分に、マジで、貴方が思っている以上に、
ちゃんと自分のことは認めまくってるから!
だからこそ、わざと自重して自戒しているの。
調子に乗った挙げ句鼻が折れる体験は、もうしたくないから。

だから、2巻というものの厳しさと、とにかく向き合いたい。
現実問題、1巻よりも売るのは難しいのだもの。
1巻はある意味全人類がターゲットだけど、
2巻は、1巻を読んだ人に狭まってしまう。

極端な言い方だけど、あながち間違ってもいないだろう。
つまり、指標たる2巻の初速も大事にしながら、
改めて根本的な作品の周知に努めない限り、
伸び代そのものが増えない。その危機感はとても大事だ。

でも、1巻の時よりも遙かに大きく、
感謝の気持ちは育っているからね。
この思いにただありがとうと返すだけでなく、
しっかり面白い作品を作り続け、
それを広めることにも励み続ける、
その姿勢と実現によって応えていきたい。
それができたら、俺も少しは格好がつくでしょう。

まずは明日、大きな出来事だからこそ、
何事も感じ損ねることなく、受け止めたい。
だから、皆様もどうかアクションを起こして下さいね。
そこから俺は、しっかり学んでいくから。

 

☆サークルクラッシュ!ブラウザ版
http://ganma.jp/ccrash

○GANMA!公式HP
http://ganma.jp/
○アプリDLページ
【iPhone】
https://t.co/U2L2kFR3pz
【android】
https://t.co/Tw0xNWQaq2

●LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1236301/ja

posted by サコタヤスユキ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月19日

32歳になったからって何がどうなったって


本日3月19日はHMX-12マルチの誕生日であり、
この俺の誕生日でもあります。このネタ毎年言ってます。

あの、このブログではまだ言及していなかったのだけど、
最近は拙作“サークルクラッシュ!”の
LINEスタンプ発売や、単行本第2巻発売決定と、
ぶっちゃけアピールしたいことが沢山あったから、
自分に便乗とでも言うのかな、誕生日にかこつけて、
珍しく祝ってほしい雰囲気を出してみたら、
方々で素直に祝っていただけて、すごく嬉しかったです。

と言うか、世の中には素直で良い人が多いよね。
変な表現だけど、尊敬してしまうよ。
どうも俺はくすぐったがりで、変に遠慮しがちだから、
誰かの誕生日とかを祝うのが苦手で、
こうして祝ってもらう度に、学ばされる心地だ。

そう、他人を意識することができたという点に於いて、
今年の誕生日はすっごく有益だったよ。
貴方のおかげで、俺は今ここにいる。
これは綺麗事ですらない、当たり前のことだ。
当たり前のことだけど、ふいに忘れてしまう。
調子に乗って、不遜になって、そして道を踏み外す。
そういう危うさは、俺にだってあるんだ。

こうして作品の宣伝をできる、作り続けていられるのは、
一重に貴方が応援してくれているから。
こうしている限り、俺は俺でいられる。
その事実に、改めて心から感謝したい。
本当にありがとうございます。

でも、一方でまだまだ何もかもが足りないのも事実。
俺はまだ、俺としてしっかり立てているとは言えない。
31歳の一年もね、イケると思ったらイケなかったとか、
つい歩みを止めてしまうことが、沢山沢山あった。
そういう至らなさを、一つずつ減らしていきたい。

なかなかね、急に全てが上手くいくとか、
ないと分かっているから……本当にもどかしいのだけど、
まだまだ成長期だと思って、頑張っていきますよ。

32歳になったからって、何がどうなったって、
もっと面白いものを、もっと沢山、作り続けたい。
今やっていることを大切にしながら、
今できていないこともしっかり意識して、目指して、
一人でも多くの人に、届けたい。

言葉で終わらないように、これからの一年、
貴方の前に出る機会を設けることを、約束したい。
それから、少し夢の話もしておこう。
向こう二年の内に、文章でも評価されるようになる。

やっぱり、事実として若くはないからね。
いたずらに年を重ねた挙句、いい年して、
俺はいつかやるよとか、その内何かどうするよとか、
みっともないことは言っていられない。
いつか?その内?そんな曖昧な日は、永遠に来ないよ。
目指した先にしか、望む未来はない。



……はぁ、ギャグ成分が冒頭のHMX-12マルチだけとか、
酷い内容だね。しかも、今は通じない人もいる気がするし。
でもま、例によってこういう厳つい文章はね、
自分に打ち込む楔のようなものだから。
貴方を証人として利用してしまって申し訳ないけど、
そういうものとして受け取っていただけると幸いだよ。

では、最後に全力で誕生日プレゼントをねだるとしようか!

モチロン、俺に買ってって話じゃないよ?
貴方のために、買っていただけたら嬉しいって話!
こう言うのはやっぱり少し勇気がいるのだけどさ、
損をさせるような創作をしているつもりはないからね。
届けたい。届け続けたい。
だから、これからもどうぞよろしくお願いします!

・サークルクラッシュ!第1巻


・サークルクラッシュ!第2巻


・LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1236301/ja
(ランキングが19日になって少し上がっているのは、
方々で煽った成果だろうか……何にせよありがとうございます)


☆サークルクラッシュ!ブラウザ版
http://ganma.jp/ccrash

○GANMA!公式HP
http://ganma.jp/
○アプリDLページ
【iPhone】
https://t.co/U2L2kFR3pz
【android】
https://t.co/Tw0xNWQaq2

posted by サコタヤスユキ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記