2013年12月31日

今年の終わりに

散々放置していたこと自体大概だけど、大晦日に更新するのもわざとらしいね。
でも、一応区切りということで、まとまった文章を残しておこうと思います。

まず今年は、何と言っても“未確認未来系少女アスカ”。
久しぶりの本公演、長い構想の末に実現させてもらったこともあり、
今まで以上に気合を込めて臨みました。

結果、頑張ってくれた人達のお陰で、いい作品にはなったとは思う。
作品に対しては、悔いはない。でも、公演そのものに対しては、どうだろう。
胸に強く残っているのは、主宰としての自分の至らなさ。
いい作品を、いい公演として終わらせることができなかった後悔ばかり。

多くの人に迷惑をかけただけでなく、公演以来停滞していることも含めて、
今もなお迷惑をかけた状態でこの時を迎えていることが、情けなくて仕方ない。

余り暗い言葉を残すのも、良くないことだとは思うけどね。
いい作品にしてもらった恩まで、後悔で覆い隠したくはないから。
良かったことと悪かったことは、ひっくるめずに残しておきたいと思うよ。

公演後も、怒涛の日々だった。夏コミへの三年連続のサークル参加。
cocchi-koi、初のゲーム作成……これが無事に終わったことは、
一つの大きな救いだったけど、実はここも大きな懺悔に繋がっている。

今年の初め、サークルメンバーに突然「ゲームを作りたい」と提案したのは、
他でもない俺なのだけど、その動機は単純なチャレンジではなかった。
ほら、もう覚えている人の方が少ないだろうけど、
かつてモエプロでも公演をゲーム化しようという企画があったでしょ。
第4回公演“ヒメゴト!”をゲーム化しようって。
結局色々あって、無期限延期になったあの企画。

……そう、俺は何度も延期と言ったけど、中止とは言ってなかった。
だから、ずっとずっと意識していた。いつか必ず、実現させると。

去年は公演をお届けできなかった後悔が一番強く、
故に今年は必ず沢山の作品をお届けしようと、すごく気合を込めてね、
この一年をスタートさせていたワケですよ。
年始の計画では、7月の本公演、夏コミでの同人ゲーム……
そして、同人ゲームでの経験を活かし、ヒメゴト!ゲームを改めて開発し、
ヒメゴト!の再演と共に発売するという、野望があったの。
12月辺りにね、やるつもりだったのかな。でも、ご覧の通りやってない。

威勢よく踏み出していただけに、こけた時のこの痛み、すごいよ。
ずっと痛がってる内に年末がきてしまったというのも滑稽だけど、
実際痛かった。今も痛いし、多分年が明けたって急に治るものでもない。

だけど、当然、痛がっているだけでは、皆の前にいる資格を失うことも分かってる。

来年、モエプロは今までのような形態での本公演は、まずやらない。
予定は未定とは言っても、ほぼ確実にやらない。

その変わり、という訳ではないけど、今までとは全く違う形態で、
この俺、佐古田の新たな創作をお届けする機会は、ほぼ確実にある。
実際、今年はその仕込みに終始していたというのも、
モエプロの活動がひっそりしていた理由でもある(言い訳材料にはしないが)。
その仕込みが花開くのが、来年だ。そこは、約束する。

その創作が、どういう受け止められ方をするのか、今はまだ分からない。
分からないけど、その評価次第で俺の出処進退は決まるだろう。
もう、言葉で誤魔化したり、飾ったり、決意だの何だのならべて、
やるだのやらないだの決めていい年じゃない。来年は、30歳になる。
今までも勿論本気だったけど、本気だったら何だってんだよ。
気持ちではなく、結果でしか語っちゃいけない。
そういうタイミングが来たってことは、馬鹿でも分かる。

単純に数値化できるものでもないから、結果云々も難しいのだけど、
そこは俺と君の共通認識というか、分かってしまうものでしょ。
もし、俺がこの誓いを反故にしたら、君は離れていくだけだろうし、
君が離れていったら、どうせ俺は俺を保てないだろう。
その前に、きっと自分で自分を裁けるとも思っている。

言うまでもないが、まだ何も諦めていないからね。
勝つ気しかない。けど、全ての可能性は等分にあるから。
あらゆるケースでの動き方を、前もって明らかにしておきたいだけだ。

ここに限らず長文で気持ちを書くのが久しぶりで、
なかなか固くなってしまうけど(twitterの弊害だな……)、
とにかく今年の感謝と謝罪、そして来年への決意が、
少しでも伝わっていたら嬉しい。そして、この全ての言葉に対して、
俺自身誠実でありたいし、厳しい目を向けて欲しいと思っています。

押しつけがましい気もするけど、俺はまだ、
まだまだここにいたいから、どうかよろしくお願いします。
posted by サコタヤスユキ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83662994
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック