2011年02月23日

夢が叶うということ

先日は、とあるミニドラマCDのレコーディングに立ち会ってきました。

告知解禁につき、とあると伏せる必要も無くなったので、堂々と明かそうか。
この度俺は、三月上旬発売予定、イラストレーターの池上茜先生の画集、
池上茜アートワークス『あかねいろ』の限定版特典CDで、
ドラマパートのシナリオを担当させてもらいました!

そして、そのミニドラマでヒロインを演じるのは……あの南條愛乃さんです!!!!!!

……す、すげえええええええええええええええええええええええよ!
俺、南條さんと仕事しちゃったよ!!!!!!!マジかよ!!!!!!
ちょこCV:南條愛乃さんですよ!!!あのナンジョルノさんですよ!

もうね、今思い出しても興奮してしまうよ!だって……そりゃそうだろう!
俺はさ、南條さんが演じたD.C.Uの月島小恋が、大好きなのだもの!!
画面の前で南條さん演じる小恋に、何度も何度も萌え転がってきたのだもの!
ガチで、フィギュアだって持ってるし、一時期料理がブームだったのも小恋のためだった!
小恋は俺のオタク人生の中で、欠かすことの出来ないキャラクターの一人だ。

最近では、探偵オペラミルキィホームズの明智小衣役でも、毎週俺を萌えさせていた……
その南條さんが目の前に!それだけでももう、心臓止まるかと思ったよ。

でも、そうやって「間近に見られて良かったね」だけだったら、俺もここまで歓喜はしていないよ。
何が最高かって、その南條さんが……俺の大好きな小恋に命を吹き込んでくれた南條さんが、
俺の書いたシナリオを演じてくれたことに他ならない!俺はもう、泣きそうだったよ!

泣きそうだったし、ヤバいくらい萌えた。俺の萌えのバロメーターは実にシンプルで、
顔に出るし、体に出る。特に体に出るのがヤバくて、とにかく身をよじってしまう。
今までも、何度も自作に身をよじってきたけど……昨日程身悶えたことは、今までなかった。
正直、ものすごい立派なスタジオだったし、プロのスタッフに仕切ってもらってたし、
ちゃんと自重しようと思って必死で堪えていたのだけど、結果的に身悶えまくったね!

十日程前の日記に書いたのが、今回の依頼の話だったのだけど、
あの時も書いたように、締め切りは本当にカツカツだった。相当、危うかった。
頭の中で何度も南條さんの声を再生し、身悶えると同時に、プレッシャーに吐きそうになった。
けど、そうして生み出したキャラを、俺の想像を遙かに上回る可愛さで演じてくれたのだもの!
目の前の光景が、嘘みたいだった。幸せだったな、本当に……夢のような一時だったよ。

そう思ってしまっても、無理はないだろ。こうして立場を明らかにし、活動を初めて5年……
たった5年ながら、くすぶっていた時期は相当ある。落ち着いていた時期など少しもない。
確か一年半前には、偶然にも南條さんが出演していたイベントの警備バイトをしたこともあった。
あの時は、ただステージの下から眺めているだけだったのに、それが今!
「シナリオを担当した作家の佐古田です」って面と向かって名乗ってるのだもの!

……いや、割合としたら圧倒的にフリーターだけどさ!でも、今回もギャラ出てるからね!
だから、あの場での俺が作家だということに嘘偽りはない!
もうただのファンではないのだもの、そういう矜持も持たないといけない。


勿論、ここがゴールでも何でも無いことは、重々承知しているよ。
でも、重々承知しながら尚、俺にとっては余りに劇的な体験だったな……。
イラストレーターの池上茜先生にしたって、ゲームの原画を手がける程の人気ぶり、
そういう人が俺のシナリオを読み、「思わず新規イラストを描き下ろしてしまった」と言って、
すごく可愛いイラストを見せてくれた。そういう刺激を与えられたことが、本当に嬉しかった。

さらに、プロの音響監督の方から、「こういう脚本が書けるってのもすごいよねぇ。
忘れちゃってるもん、こういう感じ」と言ってもらったのにも、興奮した。
後から知ったことだけど、この方は数多くのBLドラマCDを手がけている方で、
業界内の評判がとても高いらしい……いや、道理で演出が完璧なハズだよ!
俺のシナリオを、完全に理解していた。指示出しも正確で、プロの仕事を見せていただいたよ。

そして、ちょこの相手役であるナオキを演じて下さった、藤原祐規さんも素晴らしかった!
まず見た目からして格好良いのだけど、声もまた色気があって堪らなかったね……。
どうしても男性声優には疎い俺だけど、舞台を中心に結構な経歴を重ねてらっしゃる方だしね!
でも、何かさっきtwitterで告知呟いてたら、フォローし返してくれたよ!
フォロアー3000人に対して、フォロー50人しかいないのに!俺、その50人に入っていいの!?
そのお陰で、恐らく藤原さんのファンが宣伝ツイートを広めて下さったし……本当に有難い。


何かもう、こみ上げてくるものはあるよ実際……日常は、相変わらずなかなか上手くいかない。
でも、好きなことがあるから、その好きなことに必死になるから、こういう幸せに辿り着ける!
それが事実なら、こんなに心強いことはない。俺はこの経験のお陰で、これからも頑張れるよ。

ちなみに、ご予約はamazon(http://amzn.to/fNtOjT)や楽天(http://ow.ly/41JHV)で
受付中です!確かに画集、しかも限定盤ということで、気軽に出せる値段ではないと思うけど、
決して損はしないよ。可愛らしいイラストは勿論、CDには南條さんのキャラソンも付くからね!

南條さんと言えば、最近ではfripSideのボーカルとしても、高い評価を受けている。
何と言っても『only my railgun』はオリコン3位だぜ?
小恋のキャラソンも何度聞いたことか……その南條さんが、ちょこのキャラソンを歌ってるの!
そして、そのキャラソンを手がけたのが、我らがRoundBoosterArchitextureさんなの!
いつもモエプロでお世話になっていた皆様と、久し振りに創作でご一緒できたことも、
俺にとっては凄く感慨深い出来事だったな……このご縁には、何度感謝してもし足りないよ。


いやもう、正直この日は朝から何も喉を通らないぐらい緊張してたけどさ、
何とも貴重な経験をさせてもらったよ。オタクとしては、レコーディングに立ち会えたことがもう!
NGテイクとか、素のリアクションとか、いつもは絶対に見られないものだもの!
むしろそこが可愛すぎたよ!!よくミーハー心我慢しきったな俺と思うぐらい!!
(見えないところで散々悶えていたけど、目の前では何とか平静を装い続けたからな!)

さらに、作り手としては、プロの仕事の凄さをまざまざと見せつけられた。
俺だって、プライドをもって作品を作っている。でも、なかなか及ばないことが多いのが現状だ。
でも、上にも書いた音響監督さんの指示出しの正確さ、伝え方、そして、
即座にレスポンスを返す声優さん達の演技力、応用力……本当に、勉強させてもらった。
さらに良い物を作るにはこういう力が必要だという、具体例を見れたのだからな。

言ってしまったら、偶然が重なっての起用でもあった。平たく言うと、運だ。
運も実力の内だし、運を掴み取った自分を疑う気はないけど、まだまだ足りないのは事実。
だから、そこにいる人達と対等に語ることなど、できなかった。まるで借りてきた猫だった。
それでも、本当に泣きたいぐらい嬉しかったけど、確かに夢が一つ叶ったのだけど……
満足は、できねぇよなぁ。向上心と言ったら聞こえがいいけど、どうにも欲深さだねこいつは。
もっと勉強して、挑戦して、渡り合うための力を鍛えないといけない。そう、切に感じたよ。


夢を叶えることがどういうことかって、そいつは夢を叶えてみないとなかなか分からないけど、
簡単なことだ。一つ夢を叶えたら、次の夢を見たくなる。その連続でしかない。
一つ階段を上らないと見えない景色があるように、この夢が叶ったからこそ、
俺はより具体的に次の夢を目指せるようになった。それが今、俺を堪らなくたぎらせているよ。
どこで降りるのも勝手だし、転がり落ちることもある……ってか、何度も転がり落ちてきたけど、
やっぱ俺は目指すぜ。先日のけいおんライブで体験したような究極の夢を、この手で作る。

今はまだ、その究極の夢はそれこそ夢物語で、語るのもおこがましい話だけど、
こうして確かに、二年前の俺が聞いたら「いやいや、そりゃ夢だろ」って思うようなことを、
体験できたのだもの。もっともっと挑む価値はあるぜ、この戦場。そうだろ。
10年代の萌えシーン、台風の目になるのは俺だ。そういう気概で、挑戦しまくってやるぜ!
posted by サコタヤスユキ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43670476
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック