2015年01月01日

またとないこの時だ


新年あけましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い致します!


と、勢いよく幕を開けてみましたよ!2015年!
単にビックリマークで勢いを装っているだけでなく、
心から新年の始まりを気持ち良く感じています。

そう前置きした上で、昨年の俺の年末年始の日記を見てみましょう。

http://sakota.sblo.jp/article/83662994.html

……暗ッ……。

何だろうこの、年末だからネガティブに寄りすぎたくはないけど、
ままならない気持ちを少しでも理解してもらいたい、それどころか、
押しつけて楽になりたいという弱さまで滲み出ている。
意地を張ってはいるものの、心許ないことこの上ない……。

今振り返ると、危うい状態だったのだなと思うよ。
公演が思うようにいかず、水面下で動いていた企画も上手くいかない、
日々腹の立つことが多かった。焦りや不安が知らず知らずの内に募っていた。

でも、一つずつ事態を好転させていくことができた。

ラブライブ!、そしてアイカツ!という素晴らしい作品、
そして、その作品を愛する仲間との出会いによって、
今までにはない作品の楽しみ方、コミュニティを知ることができた。
WEBコミックの連載が始まって、クリエイターとしての自我を保つことができた。
生活も少しずつだけど持ち直せるようになっていった。
夏コミで好きな仲間と好きな作品を作ることで、創作の楽しさを再認識できた。
その過程で行った聖地巡礼は、とてもエモーショナルな体験だった。
さらに、転職をした。今までは、お世辞にもいい環境にはいなかったのだなと、
離れてみてつくづく思う。誇りを、愛を、粗末にするような職場にいてはいけないね。

こうして、心境と環境を一年かけてマイナスからプラスへと持ち上げることができた。
今は、自分の好調をはっきりと自覚できる。虚勢ではなくね。
ここ数年、どころの騒ぎではないレベルで、実感できなかった好調だ。

でも、そうだね、その通り。だからこそ危ういね!
ある意味、言い訳材料が全くない状態だと、他の誰でもない、
自分自身で自覚してしまっている訳だから。

気分で創作をしている訳ではない。してはいけない。
それでも、今この時を逃してはいけないと、
繰り返しになるけれど、他の誰でもない自分自身が確信している。
この状態の内だ。俺が次に進むのか、それとも歩みを止めるのか、
この状態の内に何を成すかで、それは確実に決まる。

さて、このブログだからこそ、触れなくてもはいけないだろう。
モエプロ主宰、という肩書が形骸化して久しいということに。
皆はある程度気を使って触れてこないから、自ずから言うよ。
去年知り合った人は、俺を劇作家だとも演出家だとも思っていないだろう。

でも、未だに自分の肩書は、志の置き所はそこにある。
捨てていない。上手い具合にフェードアウトしようとも思っていない。


どういう経緯を辿るかは、正直まだ分からないし、
焦る気もないのだけど、俺の創作の道は必ずそこに繋がっているからね。
萌える演劇を、八年間も追い求めている奴は俺しかいないし、
俺にしか実現できないことだから、次はもっと高いレベルで実現させる。

そのためにも、今は目の前の創作に、全力を尽くしたい。
4コママンガがどう演劇に繋がるのか、疑問かも知れないけれど、
俺は既にリンクさせられるものを感じている。何事もプラスになる。
だから、せっかくモエプロを応援していたのに……とガッカリせずに、
今は一緒に俺の新しい創作を楽しんでもらいたい。
その楽しい気持ち、応援を力に、俺は必ず道を作っていくから。

俺も、楽しみながら進むよ。せっかくこの境地に戻ってきたのだもの。
楽しみ抜いて、楽しませる。笑い飛ばして、笑わせる。
新年の抱負とするなら、この気持ちだろうね。
何が起こるかは分からないけど、何を起こすかは俺次第。
一緒にいこうぜ。今年の俺は、ポジティブを分け合える男だよ。
posted by サコタヤスユキ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109568678
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック