2015年08月28日

読み切りマンガ“カノジョはカノジョにキスがしたい!”に寄せて


“サークルクラッシュ!”を連載させていただいているGANMA!で開催された、
読み切り企画 『GANMA!ワンショットフェスタ2015』に参加しましたよ。

kanokisu.jpg

http://ganma.jp/GOF2015/20

この作品、“カノジョはカノジョにキスがしたい!”
公開されたのがそう……10日前かな……。


紹介が遅い。ブログ不精はもう不治の病だな。

でも、紹介が遅くなったからこそ、
少し裏話的な、突っ込んだ解説をさせてもらおうかな。
だから、もしまだご覧になっていない方がいたら、
まずは一読いただけると幸いです。面白いですよ。

そう。自信をもってオススメできる作品なのは、間違いない。
4コマの原作という、今までとは毛色の違う創作をさせてもらって、
もう1年半が経とうとしているけど、その年月と重ねた修練がなかったら、
俺はこの作品を生み出すことはできなかっただろうね。
4コマ10Pで、キャラクターに生き生きと動いてもらい、
物語として起承転結を果たせた、そのことにとても満足感を得たよ。


……ドタバタ百合コメディの紹介にしちゃ大袈裟だよ!

別に俺が満足しているかどうかとか、どうでもいいよね。
せっかくの読み切り、気楽に触れてもらいたい。
百合、いわゆる女の子の恋愛ものというと、当然好き嫌いもあるだろうけど、
口当たりはまろやかだと思うよ。何せ、俺にとっても初の百合作品だから。
いきなりド濃いものは描けない。そこが、いい具合に作用していると思う。

ちなみに、なぜ初めての百合に挑戦したかと言ったら、
それはもう当然、作画のこすずめ先生の強い要望があったからですよ。
彼女は同人活動で百合に対する実績もあるし、愛情も深いからね。

しかし、思い返してみると、そこもまた俺にとっては大きな出来事だったな。
ほら、過去の劇団の作品でも、よそで書いていた作品でも、
俺の作品ってのは、必ず男女の恋愛を描いていたから。
男が出てこない作品ってのは、殆ど書いたことがない。
唯一、以前ガールズトークを題材にした朗読劇を書いたことがあるぐらい。
……あ、それにキャストとして出ていたのが、こすずめ先生だったな。

でも、いざ描いてみて思ったけど、悪くないね!
いや、元々読むのは好きだったけど(マリみて大好きです)、
自分で描いてみると、男女の交流とは違った空気感が出せてとても新鮮だよ。
自身の男性性を排除しようとするからなのかな、とても瑞々しい感覚だ。

では、キャラクターのネーミングについても言及しておこうかな。
ここも、俺としては珍しい手法を取っているので。

キスを迫る女、河原野 莉理(カワラノ リリ)は、
河原(自然といる)のLily(百合)という、完全な語呂合わせ。

一方、キスを拒む女、射澄 千那(イズミ センナ)は、
射る(攻撃する)、澄んだ(清い)、千(遠い)、那(美しい)と、
完全な意味の羅列。異なる方向性で、名づけをしている。

異なる方向性が故に、ちぐはぐさを感じるかも知れないが、
「かみ合わなさ」が大きなテーマになる本作だから、
違和感があるほど良いというのが、今回の狙いだ。

キャラデザに関してはこすずめ先生に任せているけど、
すごく可愛いのと同時に、この違和感という点に於いて、
ハッとさせられたポイントがあったね。
それは、莉理が巨乳だということ。

kiss_008.jpg

女に迫るという、言ってしまえば男性的な行為をする莉理が、
女性的な象徴である胸がデカい。これもまた、「かみ合わなさ」だ。
倒錯的なエグさすら感じる。ものすごいキャラデザだと思う。


ま、そこまでゴチャゴチャ考えてないだろけど!

本人に聞いたワケではないからね。俺が勝手に感じたことだからね。
いやはや、自分たちの作品まで勝手に深読みするって、
俺はどこまでオタク的なものの見方が染みついてるんだ……。

この作品にもコメントを沢山寄せていただいているけど、
百合を好きな人からも、そうでない人からもコメントがあって、
それがとても嬉しかったよ。何か専門用語も出てたね。
自分が普段暮らしていない界隈の文化は、重ね重ね新鮮だ。
リスペクトしたい。そして、吸収し発展させていきたいと思ったよ。


つくづくね、色々と挑戦させてもらえるのは、ありがたいことだ。
連載作品にしても、前回の更新で紹介したコラボ企画にしても、
そして、今回の読み切りにしても、GANMA!からもらった経験値が、
はぐれメタルばりに俺をぐいぐいレベルアップさせてくれる。
だから、もっともっと強くなって、もっともっと面白いことがしたいね。
届けていくよ。そうしないと勿体ないってぐらい、みなぎってるから。

今回はちょっと理屈っぽい記事になってしまって、
人によってはノイズかも知れないけど、
こうした裏話でより作品を楽しめる人もいるだろうから
(本当にこれはタイプが分かれると思っている)、
ガッツリ書いてみました。お楽しみいただけたら、幸いです。

http://ganma.jp/GOF2015/20

posted by サコタヤスユキ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記