2014年11月03日

アニメの話題が全く出てこない俺らしからぬアクティブなサイクリングブログ


タイトルの通りなので、興味がない人は早々に閉じるといいと思う。

去る10月31日、俺は勤務先のカレンダーが休日ということで、
かねてから計画していた一人輪行旅行を実行に移した。

輪行とは、自転車をバラして専用の袋に入れて持ち運び、
旅先でサイクリングを楽しむ手段のことだ。

今まで俺は、主に聖地巡礼の手段としてこの輪行を試みたことがある。
あの花の秩父おねティの木崎、アニメそのままの風景を、
自分の力で駆け抜ける快感は、筆舌にし難かった(あ、アニメの話題出たね)。
しかし、いつも決まって誰かと一緒に行っていた。
実のところ、俺自身は一人で輪行したことがない。やり方もよく分かっていない。
でも、この先趣味として自転車仲間を増やしていきたいという野望のため、
ここらで一つ殻を破りたいと思ったのだ。

と言う訳で、前日、前々日とひたすら部屋でバラし、組み立ての練習をし、
(思った以上にできなくて、この時点で旅を止めようかと思った)
色々なサイトでルールやらルートやらを調べに調べて、いざ当日。

まず辛かったのが、5時起き。余裕をもって出発し、一路東京駅へ。

20141103135732566.JPG

軽くウォーミングアップと思ったけど、別に15キロは軽くないよ!

サイクリスト達は、平気で何十キロも日常で走るし、百の単位もこなす、
という光景を目の当たりにしているせいで、ついつい感覚がマヒしがちだけど、
寝起きに15キロは十分辛いよ!しかも、何か夜中に一雨降ったぽくて早くも不安!

20141103135732709.JPG

でも、外でのバラしが何とか上手くいき、まずは一安心。
ここでミスって台無しってのが、一番寒いからな……。

20141103135732812.JPG

さて、今回乗り込むのは、さざなみ。東京⇔館山間を結ぶ特急列車だ。
この朝の便が一つしかないってことで、早起きしないといけなかったのよ。
ま、辿り着いてしまえば、そこは指定席、のんびりと電車の旅を――

20141103135732925.JPG

ミスったああああ!!

輪行は一番後方の席を取って座席の後ろに自転車を置くのがセオリーなのに、
進行方向を勘違いして一番前を取ってしまっている!

イージー、余りにイージーなミス。幸い、乗車率は5%にも満たない状況、
他人に迷惑がかからなかったのが救いだったけど、いきなり経験の浅さを露呈したね。

気を取り直し、車窓の景色を楽しみながら一路目的地へ。

20141103135733013.JPG

20141103135733114.JPG

うん、メッチャ曇ってるね……。

分かっていた。天気予報が決して好ましくないことは、分かっていた。
けど、当日朝になって、曇り時々晴れの予報を、曇り時々雨に修正するのはいただけない。
この時点で既に、「雨が降らないといいな」という俺の願望は、
「降ってもいいけど降り続かないで」にランクダウンしていた。
高望みして、ガッカリしてしまわないための自己防衛である。


そうこうしている内に、二時間経たずに目的地の館山に到着。
ちなみに今回は、以下のルートを参考にさせてもらうことにしている。



館山からまず半島を横切る形で千倉へ、そこからは海岸沿いに館山に戻る。
湾岸の景色を眺めつつ、房総が誇るフラワーラインを走破する計画だ。

初めての地に降り立ったワクワク感を胸に、愛車を組み直す俺――

20141103135733977.JPG

何だこの侘しいショットは。

大丈夫か。曇天と建物の裏、平日の人通りの無さが相まって、場末感がヤバい。
同様のことをしている人もいる筈なく、町に対して己の異物感がハンパない。

しかし、戸惑っていても仕方ない。俺はまず、千倉を目指してこぎ出した。

20141103135734086.JPG

20141103135734225.JPG

田舎か。

と言うか、紛うことなき田舎だな。田舎者故、一律に関東を都会と思いがちだけど、
関東と言ってもちょっと外れたらこんなもの。逆に、自然を満喫できる。

20141103135734361.JPG

ものの10キロ程度で千倉に到着、何だか特徴的な駅だな。
さて、ここからいよいよ海岸沿いを――ってところで雨。

降ってきやがったよ!仕方ないから、駐輪場で一人腰を下ろして雨宿り。
どこからどう見ても、寂しい人だ。通り雨っぽいのが救いだが……。

雨が上がったタイミングで再び出発、お目当ての房総フラワーラインに突入。

20141103135734460.JPG

やっぱり、海が見えるとテンションが上がるよね。
ここから気持ちよく飛ばして――ってまた雨!
しかも今度は雨宿りする場所がない!仕方なく大きな木の下に避難!

木の下で雨宿りをしつつ(寂しい)、俺はこう思った。
「もしかしたら、笑いごとじゃないレベルでやらかしたかも……」

しかし、その心配とは裏腹に、ザッと降った雨は徐々に勢いを無くしていく。
助かった……何が起きてもネタになる経験だと思っていたけど、
さすがに出発して間もなくリタイアでは、余りにお金と時間の無駄だからね。

再びこぎ出した俺を待っていたのは、房総の豊かな海岸風景――

20141103135734569.JPG

20141103135734673.JPG

メッチャ曇ってるけどな……。

車の通りもまばら、人もまばらで、この土地の経済が心配になるよ!

そうこうしている内に、最初の道の駅へ。
その名も道の駅ちくら・潮風王国……まさか、日本の中に独立王国があるとはね。

20141103135734798.JPG

サイクルスタンドが嬉しい。が、使っているのが俺一人だと寂しい。

20141103135734965.JPG

20141103135735069.JPG

それでも、こういう地方の道の駅は不思議とテンションが上がる。
ただ、UFOキャッチャーの景品が貝というのは、どうかと思うけど。


それと、船。子どもが喜びそうだね。
当日いたのは、俺と老夫婦だけだけどな。

ここで俺はふと思った。そこそこの時間雨宿りをしている。
時間には相当余裕を見た行程だが、帰りの特急の時間が決まっているし、
この後の天気も読めない以上、稼げる時に距離は稼ぐべきではないか。

俺は、潮風王への謁見もままならないまま、道の駅を出発した。

20141103135735446.JPG

20141103135735565.JPG

それにしても、写真が全部寂しいなオイ!!

何だろう、俺は寂れた風景をコレクトしに来た訳ではないのだけど……。
これでは、逆ステマになってしまう……そうだ!時刻は丁度お昼時、
この日のために、行きたいお店をリストアップしてあったのだ!

飯の写真は旅の鉄板、お邪魔したのは庄司鮮魚店

20141103135735682.JPG

いただいたのは、焼き魚定食……って、地味じゃね?

こういうところだと、海鮮丼が鉄板でしょ!
ってか、俺はそれを目当てに来たのだけど!


老夫婦「あら、メニューから海鮮丼なくなっちゃったの?」
店主「そうなんですよ、不漁続きで昼に間に合わなくなって……」
老夫婦「残念ね、それを目当てに来たのに……」

俺もだぜ、バアさん。

まぁ、こういう機会でもないと焼き魚すら食べないのが男の一人暮らし、
それに、付け合せの刺身は流石の味だったので良しとしよう。

お腹もいっぱいになったところで、再びこぎ出す。
しかし、次第に疲れが顕著に……館山からの走行距離は既に30q、
以前通勤で片道20キロという経験をしているのが、その限界も突破している。

20141103135735797.JPG

馬。


馬じゃなくて、フラワーはどこだよ!!?


房総フラワーレーンだよね?今までフラワーらしい光景、全くなかったよ。
むしろ、房総ススキだらけレーンだよ!一体、どうしてこんな――


20141103135735931.JPG


フラワアアアアアアアアア!!?


20141103135736074.JPG

何てこったい、完全なオフシーズン。

よく考えてみたら、そりゃそうだって感じなのだけど、
それにしても、看板と現実のギャップが極端だ。
しかもここら辺は、日本の道100選にも選ばれているのに……
確かに走り易さはピカイチ、快適ではあったのだけど。

20141103135736200.JPG

そんなこんなで、フラワーライン終了のお知らせ。

20141103135736334.JPG

こうなるともう終盤戦。洲崎なる土地に到着する。
「洲崎!?洲崎綾なの!?たまこなの!?みくるなの!?」
と思ったら(疲れている)、SUZAKIではなくSUNOSAKIでガッカリ。
特に思い入れもないので、神社には詣らず一路灯台を目指す。
その洲崎灯台からの眺めが、こちら。


そうだね、曇ってるね。

20141103135736659.JPG

さすがに飽きるよ!ここまで灰色の景色一辺倒だと!

そして、ついに館山の地に戻ってきた。旅の終わりの切なさもありつつ、
最後の道の駅に立ち寄る。定期的に道の駅があるのは、いいルートだね。

20141103135736811.JPG

桟橋にて。バーバパパの仲間かな。

20141103135736923.JPG

道の駅にやたら綺麗な建物ができていたので、立ち寄ろうとする俺。
何と言っても、今日はスイーツの類いを全く口にしていない。
そろそろ甘いものが食べたい気分だし、こういうところならあるだろう。

と思ったら、できていたのではなく造っている最中だった。

……気を取り直して(一日の内に気を取り直す回数多すぎだろ)
道の駅すぐ近くのカフェがいい感じだったので、そこに入ることに。

20141103135737031.JPG

この行き当たりばったり感が一人旅ならでは、しかもそこがアタリだと、
嬉しさもひとしおって話だよね。秋のスムージー、美味でした。

ここで地図を見て気づく、もう館山駅まで目と鼻の先。
と言うことで、50qちょいの行程が完了したことに。
天候に悩まされたものの、とにかく走りやすさが際立っていたね。
アップダウンは少なく、でも、ちょっとした加速の楽しみもあり、
海と山の景観を手軽に楽しめる。俺のような初心者にはもってこいだった。

20141103135737125.JPG

帰路では、ちゃんと一番後ろのスペースに自転車を収納。
さすがに疲労困憊、帰りは結構寝てしまったが、それもまた楽し。

そう、こうしてまとめて見ると、文句ばかり言っているし、
実際大変だったのだけど、メチャクチャ楽しかったよ。
楽しくなかったことは、一つもなかった。
やること全部初体験、何が起きるか分からないドキドキ、
自分の心とたっぷり向き合う時間、しっかり体を動かしている実感、
そして、走りきった達成感。楽しかったし、気持ちよかった。

それに、こうして一人で輪行ができるようになったら、
今後の選択肢が広がるし、誰かと行った時も迷惑をかけずに済む。
そのための第一歩を、自分で計画して達成できたことが嬉しいよね。

今の自分にはまだまだ遠い願望だけど、いつかはロードバイクを買って、
本格的なサイクルイベントに参加してみたいね。
みたいというか、する。そうすることで広がる感覚は、
間違いなく人生にプラスだっていう確信があるからね。


……しかし、東京駅で組み直し、そこから練馬までの15キロ、
これは文句なしに最悪だったな。
金曜夜の都心は、自転車で走るものじゃないよ。
金曜夜に限定せずとも、都心を走るのは基本的に辛い。
全く整備がなっていないからな……東京五輪までに何とかなるのか、
桝添は自転車を推し進めると言うが、難しそうだ(まさかの都政批判オチ)。
posted by サコタヤスユキ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記