2017年12月31日

どうしても強くなりたい


年末恒例の振り返りブログです。
この記事を含めて今年の更新が4回な辺り、
ここの存在理由も相変わらず危ういですね。

さて、今年の表向きな一大事と言ったら、
“サークルクラッシュ!”の連載終了ですが、
それについては前回、前々回と語り尽くしているので、
改めて言うことはないです。

ただ、終わっても尚未だに温かい声援を
寄せ続けていただいていること、
とても嬉しく思いますし、励みになっています。

では、内向きな振り返りをするとどうなるか、
厳しい一年だったというのが、正直なところだね。
近年稀にみる、精神的には辛い一年だった。

あまり、いや、一切他人に相談しなかったし、
匂わせるだけなのが嫌らしいけど、
説明するのが難しいというか、
恐らく世界で俺だけが傷つく、俺の創作家の部分が、
根幹から揺るぎかねない出来事が起きた。

辛くて悔しくて、膝をついて目を伏せるばかり。
一か月ぐらい全くその機能を失っていた。
その時に俺を救ってくれたのは、
やっぱり力ある作品たちだった。
アイカツ!のライブイリュージョン、
Aqoursの1stライブ、俺が理想とし続けている、
次元の壁をブチ破るパフォーマンスに、
再び熱い火をつけてもらった。

そして、もう簡単に膝をつかないよう、
肉体的にも精神的にも体力が欲しい。
そう友人に何気なく話してみたところ、
「だったら今日帰ってから走りなよ。
今日やらない奴は明日もやらないよ」

と言われた。そこから、俺の生活が一変した。

人によっては、ただの慣用句に思うかもね。
実際よくあるセリフだと思うよ。
でも、こんなよくあるセリフを、
本気で言ってくれる人って、どれだけいる?

俺だってそこまで馬鹿じゃない。
自分に向けられた言葉が、ただの相槌なのか、
心からのものなのかの違いぐらい、分かる。

最初はウェアもないから上下スウェット、
たった3キロで翌日は足がバキバキで動けない。
でも、続けた。強くなりたかったから。

健全な感情ではないかも知れないけど、
キツくなる度に俺は屈辱の瞬間を思い出し、
怒りを燃料に足を前に踏み出していた。
あの日膝をついた、自分への怒りだ。
もう繰り返したくない。繰り返したら終わる。
圧倒的な怒りと危機感を胸に、日々を送っていた。



結果、すごく痩せた。



俺がたどり着くべき結果って、そこ!!?


いや、いやいや、あくまでここは過程だ。
痩せたからどうとかいう話はしていない。
していないけど、ラッキーだとは思ってる。
なぜなら、会う人みんなに褒めてもらえるから。
それは精神衛生上、とてもいいことだ。

そして、単純にこの変化を続けていくことで、
創作にもいい影響が出ると、半ば確信している。

創作とは、存在全てをかけて行うもの。
そして存在とは、肉体と精神の両輪で走るもの。
あの時のようにまた精神が弱ったとしても、
肉体の力で立て直し得る。逆もまた然り。
運動は創作の質の向上に、必ず繋がるはずだ。


俺はまだまだ創作を続けていたいし、
もっともっと面白いものを作りたい。
そのために、どうしても強くなりたい。

この決意は、内外に少しずつ好影響を及ぼしている。
なかなか表に出せないことも多いのだけどね。
ただ、いつか作品でも実感いただけるはずだ。

本気で膝をついて、そこから這い上がってきた、
この一年がそういった年だとしたら、
来年をどういう年にすべきかは、決まっている。
前へ進む。今度はより前向きな推進力でもって。

どうなるかは実際分からないけど、
分からないからこそ、その時々に全力を尽くす。
そして、貴方に俺を届けてみせる。
もう決して膝をつかない、という保証はないけど、
負けないように、負けたくないという気持ちを大切に、
励み続けていくよ。一つ一つの物事に、丁寧に。


こうして、大げさに決意を表明できるのは、
当然ながら応援してくれる皆様や、
大切な友人諸氏のおかげです。
本当にお世話になりました。
そして、来年もよろしくお願いします。

posted by サコタヤスユキ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月13日

“サークルクラッシュ!”連載終了に寄せて


“サークルクラッシュ!”の最終回更新から一週間
ということで、遂にこのタイトルでブログを書く時が来ましたね。

前回のブログでは、最終回更新直前の心境を吐露しましたが、
本当に終わってしまったらどうなるかというのは、
実際体験してみるまで分からない、未知の感覚でした。
きっと複雑な感情が沢山押し寄せてくるに違いない
俺はその感情をしっかり御せるだろうかという緊張感もありました。

でも、いざ最終回を公開し、それを実際に自分で読み、
皆様からのリアクションを目の当たりにした結果、
胸に去来した感情は、たった一つしかなかったよ。

それは、貴方への感謝です。それしかない。

ただただ、感謝の想いしか浮かばなかった。
言い方は悪いけど、拍子抜けするほどシンプルに、
関わった全ての人への感謝で胸がいっぱいになった。


まず第一に、ご覧いただいた読者の皆様。
いつも熱い応援、本当にありがとうございました。
もしかしたら、果たして自分の応援は届いているのか、
声を上げたところで大勢の中に埋もれるだけではないか、
そう思うこともあったかも知れませんが、違いますよ。
サークラが無事完結できたのは、貴方の応援のおかげです。

勿論原作者として、完結までの道筋は立てていました。
三年以上前からずっと。でも、そこにたどり着くためには、
貴方の応援の力が絶対的に不可欠だった。
もし満足のいく結果を出せなかったら、
サークラはここに辿り着けずに終わっていたでしょう。

だから、ありがとうと言っていただけているけど、
本当はありがとうと言うのはこっちの方だよ。


ちなみに、同じようなことをね、
先日西武ドームで開催されたAqoursの2ndライブで、
伊波杏樹さんが言っていたよ。つまりそのパクリです。

……って、こういう照れ隠しも良くないか。
パクリではなく、驚くほどその気持ちが分かるの。
ここまで純粋な気持ち、自分でもそう味わったことはないよ。

一人一人の力というのは、貴方が思っている以上に、
作品を前進させ、作者を勇気づけています。
どうか、これはサークラに限らずですが、
好きなものは好きだと、大きな声で言ってあげて下さい。
その力は世界を変え得るものだと、俺が保証します。


次に、GANMA!運営のコミックスマートの皆様。
こうして作品を発表する場を与えていただいただけでなく、
イベントやグッズ化、他アプリとのコラボなど、
沢山のチャレンジの機会を下さったこと、
本当にありがたく思っています。

時には緊張もしましたよ。いや、常にかな。
何と言っても全てが初体験だったから。
でも、常に緊張しながらも全力を尽くせたことは、
こうして言葉にしなくとも、伝わっていると思います。
そこは、俺自身確かに誇りに思っているし、
この運営とだからこそできたことだと感じています。

最高の運営ですよ。お世辞ではなく。
と言うか、俺は初期の頃から、
アプリ使いづらいから自分で解説ブログ書こ!
みたいなことをやっちゃうタイプですから、
今更お世辞とか言わないです。意味がない。
GANMA!がこうして人気アプリになったのは、
ユーザー一人一人に寄り添う真摯な運営の賜物。
その姿勢には、俺も多大な影響を受けています。

担当いただいた編集さん達にも、本当にお世話になりました。
初代担当のT氏は、持ち前の底抜けの明るさで、
サークラが持つ雰囲気の土台を築き、
二代目担当のY氏は、超パワフルな推進力で、
作品を内外から盛り上げ、勢いを加速させ、
三代目担当のM氏は、作品に優しく寄り添い、
共に愛を持って完結まで歩み切ってくれました。

誰が欠けても、この作品は成立しなかったでしょう。
共にサークラを作り上げてもらったこと、感謝しています。
もっとも、全員何かしらのタイミングで、
俺のことは「面倒な奴だな!」と思ったでしょうが(笑)
自分で言うのも何ですが、なかなか頑固者ですからね。
でも、ただぶつけるだけでなく、ぶつかり合ってくれたことで、
作品を高めることができたのではないかと思っています。


そして何より、やっぱりこすずめさん。
大きな声で言いたい。彼女はすごい人です!
心から尊敬できるクリエイターですよ。

前からこちらをご覧の方はご存知の通り、
元々はね、俺が作演出を務める芝居に、
役者として出てもらったのが関わりの始まりだった。
そこから何だかんだ苦労を共にしたりして、
原作の依頼をもらった訳だけど、つくづく思う。
彼女とでなかったら、俺は原作者という立場を
全うすることができていたかどうか分からない。


彼女は妥協をしない。俺のお気に入りの案であろうと、
面白いと感じなかったものは一蹴してくる。
でも、人に言うだけではなく、自分が大変な時期でも、
常に作品のクオリティの向上に努めてくれた。
最終回のフルカラーが、まさに好例でしょう。
あれは、俺も編集さんも指定していないですからね。

そして、俺のふわっとしたアイデアに対しても
理解力があるから、確かな形にしてくれる。
俺自身、彼女から送られてくる原稿が楽しみで、
一読者としてもサークラを楽しむことができました。
本当に、助けられたことばかりです。

ぶっちゃけ、よく分からない人でもあるし、
俺とは似ても似つかない変なコンビなのだけど、
根っこの部分の矜持、作品愛は共にできていたはず。
だからこそ、いい作品が作れたのだと思います。


本当にね、語り出すときりがない。
何と言っても三年半分の想いですから、
どこまで感謝したって、し切れるものでもないよ。

そして、この感謝をどう活かしていくかと言ったら、
それは間違いなく、次の創作でしょう。
ありがとうの次の言葉が、さようならでは意味がない。
取り分け、俺にはものを作る意思がある。
何より、まだ必要としていただけているなら、
やるべきことはあまりにも明白だ。

事実、サークラは本当に沢山の応援をいただき、
沢山のことを成し遂げさせてもらった一方で、
できなかったことも沢山ある。

正直言ってしまうと、終わって一息ついた今、
もう何ができたかを意識することはないです。
それよりも大事なのは、できなかったこと。
俺にはまだまだ足りないものが多すぎる。
もっと多くの人の期待に応え、より力強く、
面白い創作をしていきたい。しないといけない。


感謝の言葉をただ口にして、いい雰囲気にして、
それでおしまいというのは俺には無理だね。
やっぱり、もっと上を目指したい。目標は遥かに遠い。
こうして一つ確かな満足感は味わわせてもらったけど、
憧れは次の憧れを生む。震えるような高みへと、
夢は夢を超えていくものだから。


ちなみに、これはアイカツスターズ!3期OPの
STARDOM!の歌詞から丸パクリな訳ですが。


でも、まさにこの心境だから仕方ないよ。
俺はもっといい景色を見たいし、見せたい。
その挑戦が怖くないと言ったら嘘になるけど、
絶対に立ち止まりたくないから。

だから、終わりに寄せた文章の締めには相応しくないけど、
どうかこれからもよろしくお願いします。
貴方がくれた力に、俺は必ず意味を持たせる。
そう約束します。まだまだ一緒に、楽しみましょう。


○GANMA!公式HP
http://ganma.jp/
○アプリDLページ
【iPhone】
https://t.co/U2L2kFR3pz
【android】
https://t.co/Tw0xNWQaq2

 

●LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1236301/ja
posted by サコタヤスユキ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月05日

“サークルクラッシュ!”最終回直前に寄せて


半年ぶりのブログ更新ですか。
誕生日以来、この半年もあっという間だったな。

大きな変化と言ったら、そうですね、
体重が10キロ減りました。
でも、今回の更新には関係ない話題ですね。
あ、別に病気ではないですよ?むしろ健康ですし、
強くならないといけないと思って過ごしている結果です。

そういう意味では、全く関係ない話題ということでもないか。
この1ヵ月は、特に自分の弱さと戦っていたから。
そう。タイトルにも記した通り、“サークルクラッシュ!”が、
いよいよ数時間後の更新で最終回を迎えます。

このことを発表したのが、1ヵ月前。
事前に告知をしたのは色々と配慮あってのことだけど、
まさかここまでの反響があるとは思っていなかったよ。
反響と言うか……終わりを悲しむ人の数に、正直面食らった。

今までね、まったくしたことがない体験だったから。
3年半も一つの作品と付き合うことも、
目の前にいない大人数に作品に触れてもらうことも。


長く付き合った作品を、もう書かなくなる。
生活(人生)の中で確かな柱の一本を失うと思うと、
何だかものすごく心身が揺らいだ。
憂鬱に飲み込まれてはいけないと、美味しいものを食べたり、
好きな作品の聖地巡礼をしたり、必死に心を養った。
いかに自分がサークラを中心に生活していたか実感したよ。

そして、終わりを悲しむ人の声にも、揺らいだ。
あくまでね、悲しんでいただくということは、
それだけ作品を愛していただいたということだから、
本来とてもありがたいことだよ。感謝しかない。
でも、一方で今この瞬間、確かにここにある悲しみの量を、
なかなか上手に受け止めることができなかった。

作劇論で考えると、間違いなくサークラは、
今終わっていい、今終わるのが一番いい作品です。
しっかりとピークアウトさせ、熱量と必然性を保ったまま、
丁寧にソフトランディングしてきました。
ありがたいことに、多くの人にも愛されています。
人気のある内に、綺麗に終わることができるタイミングです。

でも、そんなの関係ないんでしょうね。

いや、そりゃそうだ。俺だってそうだった。
好きな作品の最終回とか憂鬱で仕方なかったよ。
作劇論?知るかよ!感情論でイヤなものはイヤだ!
その気持ちの方が、むしろ分かります。

沢山の意見の中で、何だか感心してしまったのが、
「駄作になってもいいから、ずっと引き伸ばして、
私が飽きるまで続けてほしい」
という感じのコメント。
ああ、全部分かっているのだなと。
分かった上で、わがままを言いたくて仕方ない。
そのぐらい、強い想いをもってくださっているのだなと。

だから、俺も強い想いをもってこれに応えるよ。
「いいや、貴方のためにも終わるよ!」と!
作劇論だけじゃない。俺は感情論でも、心でも、
この終わりを正しいものだと信じている。

物語も人と同じ、必ず然るべき寿命がある。
それを無理やり引き伸ばしてみても、
キャラクターを不幸にするだけだ。
そこに、俺は勿論、誰の何の都合も介在する余地はない。

それにね、確かに全員が飽きるまで続けたら、
もしかしたら最終回を悲しまれることはないかも知れない。
でも、同時にそれは、誰の心にも残らない作品
なってしまったことを意味しているから。
そうなってしまうのは、やっぱり嫌だよ。

先日編集さんから、あるストアコメントを紹介いただいた。

スクリーンショット 2017-09-29 13.10.49.png

GANMA!のコメント欄は逐一読ませてもらっているけど、
アプリのストアコメントまではなかなかチェックできないから、
本当に新鮮で驚いたし、何より嬉しかったね。
変な表現になるけど、ステマでもこんな文章は書けないよ。
自分も作家だから分かる、いかにこの言葉が切実かぐらいは。

だから、俺自身確かに終わることに対して揺らぎもしたし、
悲しみの声に対して上手く返すことができなかったけど、
この一ヵ月間向き合いに向き合い続けて、
ようやく今辿り着いた思いを、ここに叫ぶことで回答としたい。

「ありがとう!!俺も貴方も大丈夫!!」

ここまで作品を強く愛し、
その思いをわざわざコメントで届けてくれる。
それはつまり、貴方に「作品を愛する力」があるということ。
これは他の読者さんもそうだよ。誰にでもある力じゃない。
この力がある限り、貴方は人生で沢山の素敵な作品に、
今後も必ず出会うことができます!

そして、俺はサークラがその一つになれたこと、
作品を愛する力を養う作品になれたことを、
この上なく嬉しく思っています!

悲しみが愛しさに変わる日は、
もしかしたらすぐには来ないかも知れない。

でも、思春期に出会った作品は特別だから。
今の悲しみは、いつか必ず財産になる。
かつて俺を悲しませた作品がそうだったように、
貴方のその本物の悲しみは、とても尊いものになるよ。

そう言い切ることができるのは、
こうしてサークラを悔いなく描き切ることができたから。
もし後ろめたいことが一つでもあったら、こうは言わない。
だって、ちょっと思い上がったこと言ってるものね。
過去に自分が触れた傑作と、自作を同列に扱っちゃったり。
でも、そのぐらいしっかりと作りたいものを作りきって、
それが確かに届いた人が沢山いるのは、間違いないから。

だから、一緒に最後まで楽しみましょう。
今この瞬間は、間違いなく意味と価値のあるものだ。
俺は全部込めた。貴方も、全部受け取って下さい。


……と、ここまで偉そうに言ったからには、
俺もしっかり読まないとなぁ。
『マリア様がみてる ハローグッバイ』を。

いやね、祥子様が卒業しちゃうのが嫌で、
発売日に買ってからずっと読めてないの(2008年12月発売)。

ね、終わりを悲しむ人にああだこうだ言う資格とか、
一切ないってことがよく分かるよね。
でも、こういう終わり嫌いの俺が描く終わりだからこそ、
半端なことはしないと思っていただけたら幸いです。


さて、いよいよもう一時間ちょいですか。
いざ公開したら、それはそれで思うことは沢山あるだろうね。
そちらもまた、ブログで発信していきたいと思います。

○GANMA!公式HP
http://ganma.jp/
○アプリDLページ
【iPhone】
https://t.co/U2L2kFR3pz
【android】
https://t.co/Tw0xNWQaq2

 

●LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1236301/ja
posted by サコタヤスユキ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記